クラージュ共同研究先

医療機関取扱い商品

最先端の知識を凝縮した研究室生まれの糖化ケア素材
「うなはたけハーブエキス」®

食事で摂った糖質が体内でブドウ糖に変換され、体に吸収された余りがタンパク質と結合すること。
それが「糖化」です。
この反応が繰り返し起こるとAGEs(エージーイーズ)(糖化最終生成物)という老化物質がつくられます。 生きていくかぎりは避けられない糖化ですが、AGEsをできるだけ作らせないこと、体内にためこまないことはできるはず。 ここに着目して開発されたのが「うなはたけハーブエキス」です。
開発にあたり、コラーゲンにたいする蛍光性AGEsの生成を抑える試験を実施。81種類のハーブの中から、糖尿病合併症治療薬(糖化反応阻害)「アミノグアニジン」(日本では未承認医薬品)の20倍以上もの抗糖化力を持つハーブを厳選し、さらに植物分類額体系の視点から「テンヨウケンコウシ(甜茶)」「柿の葉」「クマザサ」「バナバ」の4種を最適なバランスで配合した機能性食品原料です。人での継続摂取による臨床試験で効果や安全性も確認済みです。

【特許第6217038号 及び 第6515427号】

クラージュ共同研究先
クラージュ共同研究先 クラージュ共同研究先

クラージュ
共同研究先

クラージュは、アンチエイジング研究、特に抗糖化研究において、
権威のある同志社大学糖化ストレス研究センターと共同研究を行っています。