クラージュ共同研究先

体内へのアプローチ

同志社大学糖化ストレス研究センターとの
共同研究により導き出した
UNAHATAKEハーブエキス

糖化ってなに?

体にとって必要不可欠なエネルギー源の「糖」。生きていく上で避けて通れない糖質ですが必要以上に摂りすぎると余ったブドウ糖と体内のたんぱく質が結びつき糖化反応を起こします。これにより老化物質AGEs※2(以下、通称「こげるん」)が生まれ体内に増殖&蓄積し肌や骨、髪など…老化を引き起こす原因に!!

クラージュ共同研究先

そこで、誕生したのが
「UNAHATAKEハーブエキス」
同志社大学糖化ストレス研究センターとの共同研究により

81種のハーブ素材から4種の
ハーブを導き出しました。

テンヨウケンコウシ
(甜茶)

カキノキ
(柿の葉)

バナバ
(オオバナサルスベリ)

クマザサ
(熊笹)

酸化ってなに?

一般的に金属の表面に酸素が作用してできる酸化物を「サビ」と呼びますが、同様に人や動物の体も「酸化してサビ」てしまいます。体には先天的に酸化に対する防御システムが備わっていますが、限界を超えると多くの細胞が傷つき、老化や病気の原因となるのです。そこで、着目したのが水素還元焼成サンゴカルシウム「食べるマイナス水素イオン」の還元力。その還元作用が酸化(サビ)から体を守ってくれるのです。

クラージュ共同研究先 クラージュ共同研究先
クラージュ共同研究先 クラージュ共同研究先

クラージュ
共同研究先

クラージュは、アンチエイジング研究、特に抗糖化研究において、
権威のある同志社大学糖化ストレス研究センターと共同研究を行っています。