クラージュ共同研究先

体内へのアプローチ

同志社大学糖化ストレス研究センターとの
共同研究により導き出した
UNAHATAKEハーブエキス

糖化ってなに?

体にとって必要不可欠なエネルギー源の「糖」。生きていく上で避けて通れない糖質ですが必要以上に摂りすぎると余ったブドウ糖と体内のたんぱく質が結びつき糖化反応を起こします。これにより老化物質AGEs※2(以下、通称「こげるん」)が生まれ体内に増殖&蓄積し肌や骨、髪など…老化を引き起こす原因に!!

クラージュ共同研究先

そこで、誕生したのが
「UNAHATAKEハーブエキス」
同志社大学糖化ストレス研究センターとの共同研究により

81種のハーブ素材から4種の
ハーブを導き出しました。

テンヨウケンコウシ
(甜茶)

カキノキ
(柿の葉)

バナバ
(オオバナサルスベリ)

クマザサ
(熊笹)

この4種のハーブが溜まってしまった
「こげるん」にアプローチ!
本来の働きを取り戻し、いつまでもいきいきと若わかしい健康美へ導きます。

クラージュ共同研究先

UNAHATAKEハーブエキス

甜茶
(バラ目バラ科 テンヨウケンコウシ)

上品な甘さがあり、お茶や飴などに用いられる。
ポリフェノールによる抗酸化作用もある。

柿の葉
(ツツジ目カキノキ科 カキノキ)

若葉にはレモンの約20倍ものビタミンCが
含まれている。抗酸化作用もある。

クマザサ
(イネ目イネ科 クマザサ)

免疫力をアップさせたり、抗炎症作用があります。コレステロールの抑制効果も。

バナバ
(フトモモ目ミソハギ科 オオバナサルスベリ)

カリウムやマグネシウムなどミネラルが豊富に
含まれる。肌荒れや便秘にも○。

クラージュ共同研究先 クラージュ共同研究先

クラージュ
共同研究先

クラージュは、アンチエイジング研究、特に抗糖化研究において、
権威のある同志社大学糖化ストレス研究センターと共同研究を行っています。